技術支援

目指す性能
目標販売と価格
省エネ基準

省エネ基準

「次世代省エネルギー基準」で住宅に求められる性能

省エネルギー性能とは何か?

「次世代省エネルギー基準」時代の住宅に最も求められる性能は、当然、省エネルギー性能です。省エネルギーを実現させるためには、住宅の高性能化が欠かせない要素となります。自分の会社の住宅がどの程度の性能を満たすものなのか、また住宅性能の根拠を示すためにも施工店の皆様は住宅の性能を決める様々な数値の計算根拠を知っておく必要があります。建て主の皆様にも、住宅の性能を決める様々な数値が、どの様な根拠から生まれるものであるのかを知らせておくことも重要です。

冷房負荷と暖房負荷
暖房負荷と冷房負荷

熱は、輻射・伝導・対流によって伝わります。室内を快適に保とうとする場合、夏の冷房中に、室内に侵入してくる熱を冷房負荷といいます。逆に冬の暖房中に、室内から逃げていく熱を暖房負荷といいます。これをまとめて熱負荷といいます。冷房負荷と暖房負荷を極力少なくすることが断熱の役割で、省エネルギー環境を創る場合の基本となります。冷房負荷と暖房負荷をプラスしたものを年間冷暖房負荷といいます。これを知ることで住宅の年間冷暖房経費を知ることが可能になります。

冷房負荷を構成する熱
太陽輻射熱
①ガラスを通過して入る熱(顕熱)
②外気に面する屋根や壁を通して入る熱(顕熱)
室内と室外との温度差によって入る伝導熱
③ガラス面を伝わって入る熱(顕熱)
④外気に面する屋根や壁を伝わって入る熱(顕熱)
⑤間仕切り、床、天井を伝わって入る熱(顕熱)
室内で発生する熱
⑥照明器具で発生する熱(顕熱)
⑦人体から発生する熱(顕熱・潜熱)
⑧その他、室内の設備機器から発生する熱(顕熱・潜熱)
⑨その他、室内の設備機器から発生する熱(顕熱)
侵入してくる熱
⑩サッシや扉からの隙間風による負荷(顕熱・潜熱)
取り入れ外気
⑪換気のための装置から入る外気の負荷(顕熱・潜熱)
暖房負荷を構成する熱
顕熱と潜熱
温度差による熱伝導
①ガラスを通過して出ていく熱(顕熱)
②外気に面する屋根や壁を通して出ていく熱(顕熱)
③間仕切り、床、天井を通して出ていく熱(顕熱)
侵入してくる外気
④サッシや扉からの隙間風による負荷(顕熱・潜熱)
取り入れ外気
⑤換気のための装置から入る外気の負荷(顕熱・潜熱)
年間冷暖房負荷

年間冷暖房負荷とは、年間の冷房負荷と年間の暖房負荷をプラスした冷暖房に使用されるエネルギーの合計です。その基準は、一日の平均外気温が15℃以下になる期間に暖房温度を18℃に設定。暖房期間を除く期間に冷房温度を27℃に設定することを想定して求めた、年間の冷暖房に関わるエネルギーの消費量の合計を表したものです。厳密な計算にはコンピュータシミュレーション、SMASHソフトとアメダス気象観測点データによって年間冷暖房負荷の計算を行います。年間冷暖房負荷の基準値は下表の通りです。

年間暖冷房負荷の基準値

年間冷房負荷
(単位1平方メートル、1年間につきメガジュール)
地 域 の 区 分
390 390 460 460 350 290
「次世代省エネルギー基準」の住宅性能基準値

住宅の各性能基準値は、地域差を考慮して日本列島をⅠ〜Ⅵ地域に区分し、性能基準(熱損失係数・相当隙間面積等)が決められています。更に、同一地域区分内においても気候が異なる地域については、市町村単位で地域区分が異なります。

区分図

「次世代省エネルギー基準」の各地域別Q値・μ値の性能基準値

地域区分 Ⅰ地域 Ⅱ地域 Ⅲ地域 Ⅳ地域 Ⅴ地域 Ⅵ地域
Q値W/(m²・K) 1.60以下 1.90以下 2.40以下 2.70以下 2.70以下 3.70以下
μ値 0.08以下 0.07以下 0.06以下
Q値(熱損失係数)とは
住まいの内側から外に逃げる熱の割合から断熱性能を示すもので数値が小さい程、断熱性能が高いことを示します。
μ値(夏期日射取得係数)とは
夏の住宅に侵入する日射量を示すもので数値が小さい程、日射の影響が少なく冷房効率が高くなります。
C値(相当隙間面積)について表示義務が無くなりました。

※以上が国が求めている「次世代省エネルギー基準」温熱環境・省エネルギー等級4の性能基準です。

省エネ基準の矛盾

省エネルギー基準は、本来全国どの地域でも冷暖房の消費エネルギーは同じなるように決められた筈であります。 ですが、図を見てください。

消費エネルギー[GJ/世帯・a]

※(株)住環境計画研究所「家庭用エネルギー統計年報2001年版」

これは全国、及び地域の世帯当たりの消費エネルギーの図です。棒グラフのピンク色を見てください。全国平均に比べて、寒冷地の北海道、東北、北陸のピンクは2倍から4倍になっています。暖房消費エネルギーです。そして冷房はグリーン色です。暖房に比べて冷房消費はわずかです。統計は2001年の資料ですが、その後も殆ど変化していません。
ここで伝えたいのは、省エネルギー基準が地域格差を作っていることです。寒いところだから暖房エネルギー消費が大きいのは当たり前でしょうか。少なくとも冷暖房消費量は全国ほぼ同じになる基準でないとおかしいと思いませんか。

これが真の住まい造り推進グループの主張です。

page top